胡蝶蘭の種類

贈り花として人気のある胡蝶蘭。しかしその種類はたくさんあります。もともと胡蝶蘭は原種のものから長年掛けて何回も改良を重ねて、今の素晴らしい胡蝶蘭になったという歴史があるため、胡蝶蘭には種類も本来たくさんあるのです。日本では温室で胡蝶蘭を作っています。胡蝶蘭のイメージはやはり大きな真っ白の花を持つものではないでしょうか。最近はピンクも人気があり、白い花の中央がピンクのものなども紅白で人気があります。

また黄色の胡蝶蘭や紫系のものまで出回るようになり、単なる紅白のお祝いや白のお悔やみだけでなく、個性のある胡蝶蘭も使われているのです。花の大きさはさまざまで、大輪と言われるとても豪華な大きな花から、とても小さなかわいいものまでさまざま。使う用途にあわせて利用すると良いのではないでしょうか。

開店祝いや当選祝いなどの場合は大輪がおすすめ。特にピンクなどもお祝い事では人気があります。逆にお悔やみの場合は真っ白がほとんどでしたが、最近では紫系の胡蝶蘭も使われています。花は小さくひかえめなイメージの胡蝶蘭です。また黄色い胡蝶蘭はお祝い事にもお悔やみにも使われますが、お悔やみの場合は薄い黄色のものに限ります。