胡蝶蘭のカラー

胡蝶蘭ピンク色胡蝶蘭にはいろいろな色のものがあり、お祝いとして贈る場合も色によって個性を出すことができます。お祝いに使う場合、大輪を利用することも多いようですが、ホワイト、クリーム、ピンク、イエローなどがあります。特に日本では紅白を利用することも多く、ホワイトの大輪の中央がピンクになっているタイプなども人気です。またホワイトとピンクを紅白に鉢植えすることで、紅白の胡蝶蘭ができます。ある程度枝数がある鉢の場合見応え満点。
お祝いの気持を表す花となる胡蝶蘭。だからカラーもとても大切なのです。例えばお悔やみのときには故人をイメージする大輪のホワイトは最適です。しかしホワイトばかりでなく、パープル系の胡蝶蘭も品が良く、お見送りにはピッタリとも言えるでしょう。このように花でありながら、重厚な雰囲気をかもし出す胡蝶蘭は、花の中でも数少ない存在感のある花ではないでしょうか。

だからこそ胡蝶蘭のカラーは、その存在感をより強くすることができるのです。ただしそれだけ存在感が強いため、使うところとカラーを合わせないと失敗してしまいます。お祝いのときにはやはり大輪でホワイトやピンク、紅白などがおすすめ。お悔やみには、大輪でも小輪でもカラーにこだわり、ホワイトやクリーム、パープルにしましょう。